2011年12月24日

ハードディスク完全消去、どれがお好み?

年末の大掃除をしていると、古いパソコンが何台かでてきました。
もう使ってないので、最近よくある「家電無料回収」に持って行く事にしました。

※PCリサイクル法施行後(2003年10月1日以降)に購入したパソコンは、メーカーが無償回収して再資源化をするので、そちらのほうがエコです。

テレビやオーブントースタなんかは、何も気にせず出せますが、パソコンってそうはいかない。業者さんは「電源入れずにスクラップなので、消さなくてもいいですよ。」と言ってますが、やっぱり中のデータを消しておかないと何だか気持ちが悪い。

一番早くて確実な方法は、パソコンを分解して、ハードディスクに電動ドリルで穴をあける事。ただ、ハードディスクって結構頑丈で力がいるので、怪我をしないように注意。

ドリルがなくてもっと簡単にという人は、ディスクの完全消去ツールを使いましょう。私が使ってるのはフリーの消去ソフト「wipe-out」。

・HDD消去ツール「wipe-out」
 http://www.wheel.gr.jp/~dai/software/wipe-out/

フリーでは定番の「DESTROY」(英語)もありますが、「wipe-out」は日本語なので、操作が楽です。CDからFreeBSDでブートをかけるので、Windowsのバージョンが何ということには影響されません。

(手順)
1.まずはISOイメージをダウンロードして、CDに焼きます。
2.CDからPCを起動します。ソフトが立ち上がります(3分程度)。
3.消去方法を選択して消去します。
・とりあえず消したいという方
 「ランダム書込」1回が簡単。
・少し慎重な方
 「0書込→1書込→ランダム書込」の3回書込をすれば十分。
 (マイクロソフト標準Cipher.exeコマンドと同等)
・完全を期したい方
 米国国防総省方式「固定値 → 補数 → 乱数 → 検証」をどうぞ。

時間は1GBで約10分。容量の大きいHDDはそれなりに時間がかかります。寝る前に実行をかけて、朝できているっていうところでしょうか。

結構台数があるので、年末までには片付けねば。
がんばろう〜っと。



 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
アクセスカウンタ

    ブログ内検索
    Google


    よりみちweb
    www