2016年12月24日

スーパーマリオランを家族で楽しみたい!

今年9月のアップルの発表会で宮本茂さんが「Super Mario Run」の話をされてから、今か今かと楽しみにしていましたが・・・ついにスマホで「マリオ」をプレイできる日がやってきました!

任天堂「Super Mario Run」
161223a

・スーパーマリオラン公式サイト
 https://supermariorun.com/ja/about.html

十字キーを使わない新しいプレイスタイル。過去のマリオ作品のスーパープレイのような操作を自分ができてしまう爽快感。難易度の高いコインを集めるやり込み要素。いくらか形は変わっても、やっぱり安心して長く楽しめる、私が知ってる「マリオ」でした

しかも定額アプリっていうのが嬉しいです。追加課金や広告を気にせず、純粋にゲームを楽しめますから!「スマホアプリ」と捉えると1,200円は高く感じますが、「マリオの新作」と思うとすごく安いです。

ただ、
家族で遊ぶ時のワールド購入方法は分かりにくい
です。

APP内課金をしたことがなくて、ニンテンドーアカウントって何?っていう状態だったので、そのあたりを整理してみました。


ニンテンドーアカウントって?
マリオランでのニンテンドーアカウントの役割は、ゲーム機でいうデータセーブ領域。これがないと、端末が壊れたり機種変の時にはデータ(ワールド購入データも含めて)がなくなってしまいます。ということで必ずアカウントを作って連携させる必要があります。

家族みんなの別々のiPadやiPhoneにスーパーマリオランをインストールして、同じニンテンドーアカウントで連携すれば、全員が全ステージを遊べますが、セーブデータが共有になります。まだやってないステージがいつの間にかクリアされてたり、スコアも競いたいですし、同時にプレイ出来ないですし・・・セーブデータは別の方がいいなぁ。


家族で別々のセーブデータで楽しむには?
Q&Aには載ってなかったので、サポート窓口に問合わせてみると、最初に購入したのと同じAppleIDでインストールとワールド購入すれば、別の端末で別のセーブデータで遊べますと、回答をいただきました。

私の場合、最初にiPadでワールド購入したので、iPhoneでも同じAppleIDでマリオランをインストールする必要があります。ファミリー共有を使っていても関係なく「ワールド購入したAppleIDでインストールから始める」というのが最大のポイントです。

まず、iPhoneにiPadのAppleIDを一時的に設定しました。

1.Apple IDの変更
設定の「iTunes Store と App Store」を開きます。
161223b


サインアウトして、iPadで使っているAppleIDを設定します。
161223c


2.スーパーマリオランをインストール
インストールして、ワールド購入画面を開きます。サインインの画面がでるので、「表示されているAppleID」=「先ほどインストールしたAppleID」=「iPadのAppleID」が同じなのを確認して、パスワードを入力します。
161223d


え?やっぱり二重課金されるの?!とビックリしますが、思い切って「購入する」をタップします。(IDが違っていると二重課金されますので、何度も確認しました。)
161223e


「このアイテムは購入済みです。無料で再入手しますか?」のメッセージがでて一安心。
161223f


無事、ワールド購入が完了しました。
161223g


あとは、iPhone用のニンテンドーアカウントを新規に作成して連携させれば、iPadとiPhoneの両方で全ワールドがプレイできて、しかも別々のセーブデータで楽しめるようになります。(iPhoneに設定したiPadのAppleIDは、ワールド購入が終われば元に戻してもokです。)1,200円で家族全員が楽しめます!

もちろんフレンドリストにも登録できるので、家族の間でスコアを競うこともできます!これがやりたかったんです

それにしても手順がややこしいので、次回作はAppleIDのファミリー共有対応した普通の有料アプリでお願いしますね、任天堂さん



 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
アクセスカウンタ

    ブログ内検索
    Google


    よりみちweb
    www